収入印紙は5万円から!

2014年4月から、5万円未満の領収書には収入印紙が不要になりました

収入印紙はいくらから必要になるの?

平成26年(2014年)4月1日現在、5万円の領収書から必要です。

平成26年3月31日までは3万円の領収書から必要でしたが、 非課税範囲の拡大により、印紙が不要な範囲が広がりました。 要するに、これまで3万円台、4万円台の領収書に貼っていた収入印紙は不要です。 収入印紙は印紙税という税金です。無駄な税金を払わないよう注意しましょう!

間違えて貼った印紙は返ってくるの?

印紙税の納付の必要がない文書に誤って収入印紙を貼ったような場合には、 所轄税務署長に過誤納となった文書の原本を提示し、 過誤納の事実の確認を受けることにより印紙税の還付を受けることができます。

「領収証」等を取引の相手方に交付している場合でも、 過誤納の事実の確認を受けるには、 過誤納となった文書の原本を提示する必要がありますので、 収入印紙を貼る際には誤りのないようご注意ください。

印紙代はいくら?

領収書に貼る収入印紙の金額は、領収書の記載金額によって変わります。

記載金額税額
3万円未満(平成26年3月31日まで)
5万円未満(平成26年4月1日から)
非課税
3万円以上、100万円以下(平成26年3月31日まで)
5万円以上、100万円以下(平成26年4月1日から)
200円
100万円を超え、200万円以下400円
200万円を超え、300万円以下600円
300万円を超え、500万円以下1,000円
500万円を超え、1,000万円以下2,000円
1,000万円を超え、2,000万円以下4,000円
2,000万円を超え、3,000万円以下6,000円
3,000万円を超え、5,000万円以下1万円
5,000万円を超え、1億円以下2万円
1億円を超え、2億円以下4万円
2億円を超え、3億円以下6万円
3億円を超え、5億円以下10万円
5億円を越え、10億円以下15万円
10億円を超えるもの20万円

情報源

もっと知りたい!

詳しくは 国税庁のパンフレット(PDF) をご覧ください。 国税庁のサイトで詳しく調べることもできます。

なお、このサイトは国税庁とは無関係の個人が運営するものです。

収入印紙.jpって何?

印紙税の非課税範囲の拡大を告知するサイトです。 個人が運営しています。

消費税の増税に比べると、この情報があまり周知されていないと感じているので、 ぜひいいね!やシェアなどで情報を広めて下さい!

ご意見、ご感想はこちらへお願いします。